様々なジャンルのアルバイトがある中で、ここ数年人材確保で苦しんでいるのが飲食店のバイト。 過去に、ニュースで飲食店アルバイトに関する取り上げられたニュースがよくないために、悪い印象を与えてしまっています。しかし、実際はそうではありません。実は飲食店アルバイトには、メリットもしっかり存在しているのです。そこで、今回は世間のイメージのせいでネガティブなバイトにとらわれがちな飲食店のメリットをおさらいしておきましょう。

飲食店で働くメリットとは?

それでは、飲食店で働くメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。1つ目は、料理経験がなかった人が、料理の基礎を学ぶことが出来る。2つ目は、まかない料理が出る。3つ目は、居酒屋であれば、社会人との交流が出来る。などなど様々なメリットが考えられます。それでは、細かく見ていきましょう。

料理の基礎を学べる

1つ目の料理の基礎を学べるというものは、料理経験がない人が短時間で料理を学ぶことが出来るのです。その理由は、ホールではなくキッチンを担当する場合、あなた自身が調理を担当することになります。その中で、最初は簡単な作業の料理:例えば包丁で野菜を切るといったものだとしても、居酒屋等であれば、次第に難しい調理も任されるようになります。家ではできないような魚のお造りなんてものも、うまく捌けるようになる人もいるのです。料理を覚えたいという人は、飲食店のキッチンで働くことも良いでしょう。

まかない料理

アルバイトをする学生の中には、お金に困って働いている学生もいます。そんな学生は、バイト終わったあとに、家で自炊する力もなければ、外食をする体力もあまりありません。そんな子は、まかない料理が提供されるバイト先を見つければ怖くはありません。まかない料理を出してくれる飲食店は少なくないので、まかない付きのバイト先を探すのも1つの手と言えるでしょう。

社会人との交流

学生ばかりのコミュニティであると、どうしても1つの常識にとらわれすぎて限界な部分も多々有ります。しかし、飲食店。特に居酒屋では社会人が多く来店します。ホールで働いているのであれば、彼らの接客をすることで、社会人とは一体どんな人たちなのかを肌で感じることが出来るのです。もちろん、飲食店以外のバイトでも、社会人と接する機会がありますが、身近に接することが出来るのは彼らと言えるでしょう。

まとめ

飲食店系のアルバイトは、大変なこともありますが、たくさんのメリットがあります。周りのネガティブな情報に流されないで、自分で取捨選択をしながら行動することが良いでしょう。是非悩んでいる人は、検討してみてはいかがでしょうか。