今、多くの企業でアルバイトの人手不足が問題になっています。なぜそのような事態になっているのでしょうか? 原因としてよく挙げられるのが、アルバイトの定着率の低さです。採用したアルバイトが、みんな数ヶ月で辞めていってしまい、お店に人が残らないという状況に陥っているのです。では、アルバイトの定着率を上げるにはどうすれば良いのでしょうか? 考えてみましょう。

アルバイトがすぐに辞めてしまうことによるデメリット

「アルバイトくらいいくらでも代わりがいる」そんな風に思っていませんか? 定着率を上げるには、はじめにお店側がアルバイトの早期退職で被るコストについて理解しなければいけません。まず、新たなアルバイトを採用するのにもコストがかかってきますよね。そして、新人が一人前のアルバイトになるまでの研修にも膨大なコストがかかります。アルバイトが定着しないというのは、そうしたコストが何度も無駄になってしまうということ。非常にもったいないですよね。まずはじめにお店側はアルバイトの定着率を上げるということの重要性をきちんと理解しましょう。

丁寧な教育を

アルバイトが辞めてしまう原因として多いのが、「ちゃんと教えてもらっていない仕事をやらされた」という経験です。ろくに教えてもらっていない仕事を振られても、上手くこなせるわけないですよね。そういった経験によってバイト先への不信感が募っていき、辞めてしまうのです。「一通りの仕事を覚えてもらって、早く一人前になってほしい」という企業側の気持ちも分かります。しかし、焦っても仕方がありません。仕事を教えるのはもちろん重要なことですが、それと同じくらい重要なのが自信を持たせること。「この仕事なら1人でもできる」という自信を持ってもらって初めて「仕事を教えた」ということになると私は思います。

スッタフ同士のコミュニケーションを増やそう

スタッフ同士のコミュニケーションが少ないのも、スタッフの定着率を低下させる原因と言われています。特に、入社したての新人だと周りに頼れる人がいないので、疎外感を感じてしまうことも多いそうです。そう感じさせないためにも、お店側には配慮が必要だと思います。スタッフの定着率が高いお店の中では、新人が入ったときは必ず歓迎会を開くなんてところもあります。そういったイベントを開かれることで、新人アルバイトは「ここには自分の居場所がある」と感じ、より熱心に仕事へ打ち込んでくれるでしょう。