アルバイトをしている学生の多くは、お金を稼ぐ目的でしている人が多いと思います。旅行のため、何か欲しいものを買うため、趣味のため、中には1人暮らしをする中でどうしてもアルバイトをしないと厳しいと感じている人もいるでしょう。しかし、お金を稼ぐためだけが、アルバイトではありません。捉え方を変えると、アルバイトは社会に出るために必要な準備をする場所と考えることも出来るのです。そのように考えるだけで働くだけでも全く意味が違ってくるのです。今回は、アルバイトをこなすだけではなく意識を変えることで生まれてくる新しい見え方について、考えていきましょう。

アルバイトを惰性でやらないために

アルバイトをお金稼ぎ目的で行っているため、惰性で行ってしまっている学生も少なくありません。これは、間違っていないことだと思います。しかし、この惰性で行ってしまっていては、次に活かすことが出来ないのです。アルバイトを辞めて社会人になったあとで、アルバイトの経験が全く活かされないというケースが出てしまうからです。こうならないためにも、アルバイトを惰性でやってはいけないのです。では、どうすれば良いのでしょうか。何か目的を持たせることが大切です。目的を持ってアルバイトをすることにより、自分にとって様々な点でメリットが生じてきます。具体的に見ていきましょう。

目的を持つことのメリット

アルバイトで何かお金以外で自分のメリットとなる目的を見つけることは大切です。接客をマスターしたい、料理の技術を磨きたい、クレーム処理等のトラブルを華麗に処理したいなどなどなんでも構いません。今後の自分の目標や夢に向かうにあたり必要な目標がアルバイトの中にあれば、それをどう実現させたら良いかを自分なりに考えます。この考えることを行うことで、アルバイトをする意識に変化が生じてくるのです。この意識の変化こそが、アルバイトを惰性でやることがなく、 意欲的にやることにつながります。意欲的にやるようになれば、アルバイト中に起きるケアレスミスも少なくなります。また、社員さんからも一目置かれるようになるのです。目的を持つ事で、あなたの意識が変わっていくのです。

まとめ

アルバイトは、多くの学生や若者が経験しているものですが、意識をしながら取り組むことは容易なことではありません。意識をして行動をすることで、自分の中で新しい自分と出会うことが出来るのではないでしょうか。