遅刻は言語道断

たとえアルバイトといえども、最低限の面接マナーは持っておきたいところであります。
面接というのは何度受けても慣れるものではありませんので、失敗をしてしまうこともあるでしょう。
そこで、最低限の面接マナーというものを気をつけるだけで失敗というものは最低限回避できるのではないでしょうか。
まず、絶対に避けなければならないのが面接時間に遅れるということです。
とはいえ、予期せぬアクシデントが起きるかもしれません。
そういった際も、必ず一本電話を入れて事情を説明すれば多少の遅刻も許されるはずなのです。
理想は5~10分前には面接会場に到着しておきたいところです。
それよりも早く到着するのもあまり良くはないことですので、早めに到着してしまった際は近くのカフェなどで時間を潰して、5分ほど前に面接会場に到着するのがベストだといえます。

身だしなみも整える

どういったアルバイトであろうが、やはり身だしなみという部分は気にしなければならないポイントだといえます。
服装、髪型、ヒゲなど、せめて面接のときぐらいは清潔感を持っていくのが常識でもあるのです。
ちなみに、服装は普段着というよりはフォーマルな服装が良いかと思われます。
コンビニや居酒屋といったカジュアルな雰囲気な職場であっても、面接のときぐらいはフォーマルな服装というのが間違いないといえるでしょう。

面接中は特に集中する

基本的に面接は座って受けるのが普通になるのですが、この座り方というものにも注意をしてほしい部分になります。
やはり、だらしない座り方というのは一発でわかりますし、間違いなく悪い印象を与えてしまいます。
ですので、座る際は背もたれにもたれることなく、椅子の3分の2ほどの深さで座ることを心掛けなければなりません。
手もひざの上に置くのがベストで、腕を組む、足を組む、髪の毛を以上に触るなどといった行為は絶対にやってはならないのです。
後、携帯電話やスマートフォンにも注意が必要となります。
マナーモードに十分だと思う人もいるでしょうが、ここは確実に電源から落としておくのがベストになってきます。
いくらマナーモードといえども、静かな部屋になればバイブの振動音は確実に聞かれることになるでしょう。
それと、スケジュール確認などの際にも携帯電話やスマートフォンを取り出すのは良い行動だとはいえません。
スケジュールを携帯電話やスマートフォンに入れている人もいるのは確かです。
ですが、その際もきちんと断りを入れてから取り出すのが最も良い行動かと思われます。