職場トラブルのもっともを占める要員は人間関係です。人と人ですから、どうしても合う、合わないというものも発生します。しかしながら、普通の大人ならそれを見せない、表にあらわさないようにするというのが暗黙のルールですが、あからさまに嫌がらせをしたり、嫌みを言って来る、陰で分かるか分からないかくらいの声で自分の事を言ってくるなど、本当にこいつ、プライベートだったらぶっ飛ばしてやる。本当にそれくらいの人物もいます。実際に殺人などもそういうことから起こってしまうのが、この人間社会です。じゃあ、神様になる。動物になる。そんなことが成立するならいいのですが、どうしてもこの世の中で生きて行かないといけない定めです。まあ、実際はそれを女性だったら不思議ちゃん、男性だったらオタクというふうに、現実逃避してキャラになりきればいいのですが、それも出来ない人はなかなか生きづらい世の中です。特にバイト先は閉鎖的なものです。どんなことがあるんでしょう。

本当にあったバイト先の小憎らしい話/h2>

すべらない話ならみんなハッピーになれていいのですが、本当にあった怪奇話じゃないですけど、実話談として本当に嫌な事を受けた人も多いでしょう。特に職場、ひどく賃金が低くて、毎日バイトばかりしているような人は、新入りなどが入ると格好の暇つぶしのツールになるので、あの新入りはダメだ、あいつ態度が悪いなど、完全に主観的な考え方で、他人をよせつけない。自分を慕ってくる、すりよってくる人は、いい待遇で迎えるが、なにもないように尊敬もしない奴はとことん悪口をいって、居づらくしてやる。こういう人って本当にいます。自分が幸せじゃないと、他人をエサにして、標的にして一時的にガス抜きをしてやりすごしているのです。自分ではなにもおもしろい事を起こせないから。まだ社員の方が対応が多少ドライではあるかもしれませんが、普通です。社員は給与もよくて幸せで満足しているから、他人にもやさしくできるからです。何事もそうで、自分がダメだと人にあたるというのが、悲しいかなs人間の性。クソみたいな人間だと思いますが、みんなが抱えているもので、それを表に出すか出さないかの違いです。このような人たちとどうつき合えばいいのか。おとなしく辞めるか、はたまた喧嘩してやめるか、逆に不良ドラマのように仲良くなっちゃうのか。どうなんでしょうか。